A美白化粧品に含まれる有効成分

もともと美白化粧品はシミ・ソバカスなどのメラニン色素による肌のトラブルに対して、スキンケアをすることがそもそもの目的で開発されました。その後、厚生労働省が美白化粧品に含まれる有効成分の指針をまとめました。
従って、美白化粧品であることをうたうためには、美白の有効成分として厚生労働省が認めたアルブチン・コウジ酸・ビタミンC誘導体・ルシノール・トラネキサム酸などが含まれていることが条件となります。これらの厚生労働省が認めた有効成分は、皮膚に於いてメラニン色素が作られるために不可欠なチロシナーゼと言われる酵素の働きを抑える効果があることが認められています。また、近年、シミやソバカスの種類によって、異なる有効成分が効果を発揮することが解ってきました。シミにも紫外線によるシミやソバカスや肝斑(かんぱん)・くすみ・ニキビ跡など様々あります。これらには、異なる有効成分がピンポイントで効くことが解ってきました。その結果、現在は種々様々な化粧品メーカーが多くの美白化粧品を販売しています。しかし、シミ・ソバカスや肌は個人個人によって違い非常にデリケートなものです。
従って、多くの美白化粧品の中から自分の肌にフィットした最適な美白化粧品を選ばなければなりません。そのためには美白化粧品を選ぶポイントを知る必要があります。

注目コンテンツ

banner A美白化粧品に含まれる有効成分

詳細はコチラ

banner B美白化粧品を使う前の注意

詳細はコチラ

banner C美白化粧品の選び方

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 美白化粧品の選び方アドバイス. All Rights Reserved.